パラレル ワールド 体験。 パラレルワールドは存在する!行った人の体験談と行く方法

ワールド 体験 パラレル

これは例えて言うと、自宅でテレビを見て笑いながら山奥の温泉旅館の露天風呂でくつろぎ、同時に会社の会議で頭の固い上司にプレゼンしている、みたいな感じです。

10
ワールド 体験 パラレル

下記より詳細を説明していきますので、ぜひ読んでみてください。

10
ワールド 体験 パラレル

実験ではなかなか証明しずらいところです。 きさらぎ駅はパラレルワールドへ通じる駅ではという噂が立ちました。

ワールド 体験 パラレル

実際に消えている人もいるかもしれませんね…。

9
ワールド 体験 パラレル

量子力学の解釈による多世界解釈では、 この世界から枝分かれして出来て行っている世界だと言われています。

ワールド 体験 パラレル

パラレルワールドの存在は、昔からまことしやかに語られてきました。 東日本大震災で心霊スポット増えた。 パラレルワールドへ行く方法4. この実例ではおのおのの経歴にも大幅なギャップが生じているようですね。

ワールド 体験 パラレル

私たちはこれまで、瞬間瞬間を生きてきています。 正直、パラレルワールドの存在については、今のところ、確実にあると証明されているわけではありません。 未だにその意味がなんなのか分かりませんが、わたしが今まで研究してきたパラレルワールドのことについて正しい道を歩んでいたことが分かりました。

ワールド 体験 パラレル

映画館に入る前に検温して、マスク絶対着用なので、感染防止対策はされています。

9
ワールド 体験 パラレル

どうやら揉めているみたいです 男性は、フランスとスペインの間にあるトレドという国から来たのだと言ったそうです しかし、入国管理者が調べても 「トレド」という名前の国は全く存在しません 男性はフランス語を話しており、他にも日本語やいくつかの言語を話すことができるマルチリンガルでした パスポートとビザのスタンプはもちろん、銀行の小切手なども所有しており、偽物にはどう見てもみえませんでした さらに、 それらの製造機関を調べると、どこにも存在しない機関であることが判明 予約しているという日本での 滞在先も、実在しないホテルだったそうです 入国管理者が「トレド」の位置を地図を見せながら訪ねたところ、 フランスとスペインの間に存在する「アンドラ」という国を指さしたそうです 男性は国名が違うことに驚いていたと言います 被災地に現れる異世界への入り口 2011年3月11日に発生した東日本大震災でも奇妙な異世界を目撃したという例があります 震災で行方不明になっている人たちに捜索に当たっていたグループが、荒れた道を車で走っていたところ 濃い霧が立ち込め、車の中にまで入ってきたといいます その時の全員が、窓の外に見たことがない奇妙な風景を見たといいます このように並行世界への入り口は地震や災害によって開くのではないかと言われています 同じように、車を運転中にパラレルワールドに迷い込んだ例が他にもあります 運転中に並行世界へ送られてしまった男性 1986年11月9日 スペインのセビリアという街からアルカラ・デ・グアダイラという街へ車で向かっていた男性がいました 23時頃、とあるカーブを曲がった瞬間に走っていた 道路が突然6車線に変化したといいます 異常な事態に動揺しながら運転を続けたのですが、窓の外は明らかに異様な見たことない景色になっていったと言います 見たことない高層ビルに、見たことない草原が広がる異様な景色だったそうです すると、奇妙な感覚に襲われると同時に、どこか遠くから 「異世界へ転送しました」と聞こえてきたそうです パラレルワールドはただの勘違いなのか 世界中で数多く例のある異世界との遭遇ですが、ただの勘違いであるという説もあります しかし興味深いのは 「マンデラ効果」という説です 人種差別撤廃に力を入れ活動していた「ネルソン・マンデラ氏」が2013年に亡くなっていますが、 奇妙なことにそれより大分前の80年代にネルソン氏が亡くなっていたと思い込んでいた人が数多くいたのだといいます そしてこの原因は、 80年代にネルソン氏が亡くなったというパラレルワールドでの出来事を記憶していた人が多く存在したからだ と言われています 一部の人が 自分では気づかないうちに並行世界との接点を少しだけ持っていたのだというのです これと同じような現象が世界では多く報告されています みなさんにも身に覚えはないでしょうか 初めての場所なのに来たことがあると感じたり、以前にやったことがあると感じたり デジャブという言葉で表されていますが、それは並行世界に接していた時の記憶が蘇っているからなのかもしれません. イルミナティは秘密結社のことだよ。 ブラックホールについては関連記事にまとめています。

13