比企 谷 八幡 ss。 もし比企谷八幡が記憶を失ったら

Ss 八幡 比企 谷

ちなみに誰と?」 八幡 「・・・」 まぁこいつなら大丈夫か 八幡 「雪ノ下. 八幡「あ、なにしてんだよこんな暗い中」 小町「…」 八幡「小町?」 小町を呼ぶ。

Ss 八幡 比企 谷

一方で、貸し借りにうるさい律儀な一面もあるため、は「捻デレ」と評している。 <せんぱぁ~い!開けてくださ~い! 八幡 「」 折本 「」 八幡 「折本、小町の部屋に隠れてろ」ボソッ 折本 「え?でも小町ちゃんの部屋知らないんだけど」ボソボソ 八幡 「二階だ。 大天使トツカエルに心配を掛けないように気を付けねぇとな) 戸塚「本当に? 八幡が大丈夫だって言うなら信用するけど、無理しちゃ駄目だからね!」 八幡「もちろんだ。

6
Ss 八幡 比企 谷

631• 155• アホ毛は妹の小町と共通であり、母親からの遺伝。

2
Ss 八幡 比企 谷

」 折本 「・・・」 八幡 「・・・」 折本 「今日の服装の事なんだけどさ。 2年F組所属。

8
Ss 八幡 比企 谷

レシピ通り作ったんだけど、ちょっと焦がしちゃった。 そしたらこのざまだ。 net 雪乃「…すごい作品ね…何がすごいかって…主人公が強すぎて敵勢が誰一人として互角に戦えてないっていう…」 それにあの木原マサキっていうキャラ…どこはかとなく八幡の人格に影響を与えたキャラね。

9
Ss 八幡 比企 谷

なんか、なぁ?」 雪ノ下「んー?」ニッコリ 比企谷「…あー、あれだ、ちょっと家で、な?」 雪ノ下「そう…」 比企谷「というこでな?じゃあまた」 雪ノ下「私も行くわ」 比企谷「…なぜに?」 雪ノ下「ご両親に報告をしないと」 比企谷「…いや今親いないし」 雪ノ下「そう…なら…」ポッ 比企谷 なぜ頬を染める 自宅 小町「あ!雪乃さん!」 雪ノ下「小町さん、お姉ちゃんと呼んでってあれほど」 小町「ごめんなさい、お姉ちゃん」 雪ノ下「うふふ」 比企谷「…」 小町「それで今日はどうしたんですか?あ、小町は外出しますし親は今いないんで大丈夫ですよ!」 雪ノ下「その…今日は違うのよ」 小町「?」 雪ノ下「実は…比企y…八幡との子供を身籠もりました」 小町「やりましたね!!お姉ちゃん、お兄ちゃんおめでと」 雪ノ下「ふふっ…ありがとう小町さん」 比企谷「…」 小町「お兄ちゃんどうかしたの?」 比企谷「いや、何が何やら」 八幡 とりあえず状況を把握しないと埒があかん 八幡「……実はさっきちょっと転んで頭を打ってな……記憶が曖昧というか」 雪ノ下「!……大丈夫なの?」 小町「お兄ちゃんも病院行く?」 八幡「いや!病院はいい……多分暫くしたら元に戻ると思うが……」 八幡「それより俺と雪ノ下の関係を説明してくれ……今それで混乱してる」 小町「え~つい最近籍入れたのにそれも忘れちゃったの?お兄ちゃんは」 八幡「!……俺と雪ノ下が…………結婚?」 八幡「俺とあの雪ノ下が?いや、あり得ないだろ」 雪ノ下「冗談もそこまで言われると気分のいいものではないわね。 また別の女の子と一緒だし. じゃあまた」 八幡 「ああ、また」 折本 あの時の比企谷もこんな気持ちだったのかな. くくっ」 ピロロン 折本 「あー奉仕部かぁ。 その……小町の受験勉強に付き合おうと思ってな」 雪乃「それくらいなら、部活動が終わって帰宅してから付き合うだけでも充分なのではないかしら? あなたがわざわざ奉仕部を休む程の必要性を感じないのだけれど」 八幡「いや、小町はあんまり成績が良くないからな。

Ss 八幡 比企 谷

つっても、今日はちょっと顔だけ出したらすぐに帰るけどな」 結衣「え、何で? 用事でもあるの?」 八幡「まあ、ちょっとな」 結衣「ちゃんと説明してよー!」 八幡「部室に着いてからでいいだろ。 1人歩きしすぎた噂は怖いな。