火 ノ 丸 相撲 最終 回。 漫画「火ノ丸相撲」の結末|最終回ネタバレと感想・考察

丸 火 最終 ノ 回 相撲

火ノ丸の結婚式にも参加しており、桐仁の倒錯した発言につっこんでいた。 天王寺 獅童(てんのうじ しどう) 声 - 3年生。

4
丸 火 最終 ノ 回 相撲

小説版の二作目では、中学時代が描かれ、不良になった経緯が描かれた。 あんた一体どこの萌えキャラだよ! しかし、これは201話と204話で横綱との取り組みとデジャブしたレイナのナレーションに通じるものがありますね。 途中からどうやって刃皇に2つ黒星つけさせるんだってのも見どころの一つでした。

1
丸 火 最終 ノ 回 相撲

負傷した火ノ丸は団体戦を残りの5人に託し、治療に向かう。 大相撲編 大学3年生。 今ではそれなりに佑真を慕っており、相撲部に入部した彼を応援する。

3
丸 火 最終 ノ 回 相撲

空気が読めず自分の横柄さが顰蹙を買っていることにも気付かないため、千比路がいたレスリング部も退部が相次ぎ、最後は彼一人だけになってしまう。

3
丸 火 最終 ノ 回 相撲

三尾錦(みおにしき) 声 - 番付は幕内東前頭八枚目。 その後、火ノ丸が久世に敗北し落ち込んでいるのを見かねて「そんなに辛いなら辞めればいいのに、なぜ相撲をやっているのか」と素朴かつ残酷な質問をぶつけるが、火ノ丸の相撲への飽くなき情熱を知ると、青春全てを懸けられるものを持たず、無為に日々を過ごすだけの自分の生き方に疑問を感じるようになった。

11
丸 火 最終 ノ 回 相撲

沙田戦で右肘を故障するもそれを仲間に隠し、個人戦では仲間たちとの死闘を繰り広げながら全力で勝ち上がり、満身創痍にも関わらずIH県予選個人戦も優勝を決める。

15