遥か なる 山 の 呼び声。 遙かなる山の呼び声 : 作品情報

山 の なる 呼び声 遥か

虻田はいさぎよく負けを認め耕作を兄貴と慕うようになった。 夏のある日、その男がまたやってきて、働かせてくれという。

山 の なる 呼び声 遥か

そこへ、しゃがれたダミ声で耕作に聞こえるように民子の向かいに座って問わず語りを始める虻田。 武志は耕作にすぐになついていった。 激しい雨の降るある春の夜、一人の男が民子の家を訪れ、納屋に泊めてもらった。

18
山 の なる 呼び声 遥か

興奮する民子、武志、観客たち。 その晩、牛のお産があり、男はそれを手伝うと、翌朝、去っていった。 シーンは、耕作 高倉 が網走刑務所から護送される列車、虻田(ハナ肇)に連れられた民子(倍賞千恵子)が乗り込み、耕作の出所をいつまでも待つ決心を知らせるくだり。

8
山 の なる 呼び声 遥か

彼は耕作が起こした事件で教職を追われていたが、耕作の行く末を心配していた。 8aa9f5ac-7198-676d-43c3-438a65b2d425","amzn1. ハナ肇がよかった。 民子が町に出て、耕作の出所を待つために武志と新しい生活を始めたことを告げる虻田。

19
山 の なる 呼び声 遥か

耕作も民子の馬で出場、見事、一着でゴールイン。 だが、虻田らは耕作の敵ではなかった。

7
山 の なる 呼び声 遥か

------------------------------------------------- 通路に立つ人影・・・・民子だった—向かい側の座席に座って何も言い出せずただ黙り込む。 だが、耕作は牛のぐあいが悪くなったと知らせにきたのだ。 民子が町に出て、耕作の出所を待つために武志と新しい生活を始めたことを告げる虻田。

3
山 の なる 呼び声 遥か

二時間半はある長編だが、若い武田鉄矢や寅さんの渥美清も特別出演。 「働らかせてくれ」という男。

7
山 の なる 呼び声 遥か

耕作は二年前、妻が高利の金を貸りて自殺、それを悪し様に言う高利貸を殺し、逃げ回っていたのだ。 「ハンカチを渡してもいいですか」—民子が手渡した黄色いハンカチをしっかり握りしめて顔に遣る耕作の涙の向こうには、広大な道東の雪原に優しくて明るい陽光が耀いている。

9
山 の なる 呼び声 遥か

護送する2人にも伝わる空気。