ルイ 16 世。 ルイ王朝様式とは

世 ルイ 16

ルイ16世の家族の運命とは? ヴェルサイユ宮殿 革命を生き延びたのは娘マリー・テレーズだけ ルイ16世が処刑されたとき、妻のマリー・アントワネットと娘マリー・テレーズ、息子のルイ・シャルル(ルイ17世)、国王の妹のエリザベートの4人の家族が塔に幽閉されていました。 この当時のヨーロッパ外交において、ルイ17世は見捨てられた存在であった。

13
世 ルイ 16

ルイ16世や貴族は武力で平民議会を弾圧しようとしましたが、当然平民の不満が爆発します。

6
世 ルイ 16

しかしこのときあまりに頻繁に処刑が行われたため、ギロチンは 一種の時代の象徴のようになり、国民の間でブームを巻き起こすことになる。 さらに妻のマリー・アントワネットも処刑され、長男は劣悪な環境の中に幽閉されて10歳で病死するなど、歴史の犠牲となったのがルイ16世一家でした。

15
世 ルイ 16

建築はA・G・ガブリエル設計の小トリアノン(ベルサイユ)、スーフロー設計のパンテオン(パリ)に代表される簡素明快な形式で、椅子の脚に古代建築の柱身を模した縦溝を彫ったり、飾り棚にも古代風な女神像を置くなど古典回帰がみられる。 (英語). 数々の人間を処刑したマクシミリアン・ロベスピエールも1794年7月28日に犠牲者たちと同じギロチンによってこの世を去ります。

世 ルイ 16

、ルイ17世は衰弱し、一時は意識を失う。

13
世 ルイ 16

2018年8月24日にから本書に加筆・修正が施された「完全版」を文庫化して発売()。

17