坪内 祐三。 評論家・坪内祐三さん追悼 想像はわたしたちに委ねられている(橋本倫史)

祐三 坪内

なにより、僕は今、「ニューながい」の味を思い出せずにいる。 でもさすがに『変身』しか読んでない身では愉しめなかろうと。

祐三 坪内

なぜかくも多くの国民が夢中になったのか。

4
祐三 坪内

。 書きながら、迷いながら頭の中を整理している。

5
祐三 坪内

「だいたい福田さんが最初に決めるんですよ。

13
祐三 坪内

』(対談)扶桑社、2004• 私の家は大通り(現西福寺通り)から入った路地に面していた。 結果的に作品の最後の一行となったこの文章について、坪内さんが亡くなった後、何人もの読者から「あの文章が非常に印象に残った」とか、「あの文章の真意はなんでしょうか」という強い反応があった。 坪内は1998年の暮れ頃現在の妻であると思しき佐久間文子と付き合いだしたようであるが、これは恐らく離婚後であるから、神蔵に比して坪内は至極真っ当であるように思われる。

5
祐三 坪内

同時に、坪内さんには「記録には頼らず、記憶に基づいて書く」という姿勢もあった。 その「ごく普通」ということを、僕はうまく説明できない。 ここから先は、有料コンテンツになります。