テクニクス イヤホン。 パナソニック完全無線イヤホンEAH

イヤホン テクニクス

「RP-DJ1200」に比べて、汗による劣化から強くなっているそうだ。

11
イヤホン テクニクス

しかしテクニクスは、このダイナミック型ドライバーそのものにメスを入れ、1基でも十分な広帯域特性を実現できる「プレシジョンモーションドライバー」を開発し、数々の難しい課題を克服したのである。 ケースのボディ全体が アルミニウム製のプレートに覆われており、ワイヤレスイヤホン 随一 ずいいちの高級感をたたえています。

17
イヤホン テクニクス

磁性流体を用いた新開発のドライバーで、スピーカーのプロ達が研究を重ねて生み出した素晴らしいドライバーなのです! そんなに素晴らしいドライバーがこのサイズに収まっているという驚きの事実。

イヤホン テクニクス

イヤーピースの問題かと思いサイズを変えましたが変わらずでした。 カラーバリエーションは、ブラックとホワイトの2色をラインアップする。 パナソニックブランドのイヤホンでも、ここまでのコントロールチャンバーは搭載しておりません。

4
イヤホン テクニクス

1996年に発売され、累計販売台数50万台以上というロングセラーを記録した「RP-DJ1200」をベースに、音質や耐久性、使い勝手などにこだわって開発したという。

19
イヤホン テクニクス

イヤホンの質量は片側7g、IPX4相当の防滴性能も装備する。 いずれも高性能MEMSマイクを採用し、より精密に集音することが可能です。 ノイズキャンセルに必要な騒音を集音するため、マイクをイヤホン外側と内側に配置しています。

5
イヤホン テクニクス

バッテリー駆動時間は、イヤホン単体で約7. グイグイと主張する様なタイプではなく、そっと佇む様に、確かに深い低音を聴くことができます。 手に馴染むラウンドフォルムで持ち運びしやすい形状に仕上げました。

8
イヤホン テクニクス

音楽本来の躍動感と豊かな低音、そして音場や空間性の広いゆとりあるサウンドを再生するため大型亜ドライバーを選択したという。 が所有権を有します。

16
イヤホン テクニクス

そしてEAH-DJ1200は、ロングセラーの「RP-DJ1200」を復刻したいという考えもあり開発されたヘッドホンとなっている。

10