周知 の 事実。 「周知の事実」とは?意味や使い方を解説

の 事実 周知

周知のとおり、我が社では地球温暖化対策のため、エアコンを使わずにクールビズをしています。

の 事実 周知

また何かを頼まれた時などに、その依頼や要求を 「受け入れる事」を 「承知」と言います。 雨天の場合に、避難訓練の規模を縮小するのは周知の通りである。

8
の 事実 周知

「衆知」という言葉を使う時は 「集める」が正解です。

14
の 事実 周知

2.周知の事実 周知の事実とは、知れわたっている事実のことです。 すると、(晴、晴)はセルA1に含まれるので、Aさんは地域aが晴れであることを知っています。 周知の意味 周知とは 周知とは、 広く一般的に知られていることを意味しています。

1
の 事実 周知

「周知(しゅうち)」は一部の人だけでなく、 大勢の人が知っている ことという意味の言葉です。 おお、これでビジネスモデル特許一件!(なわけねえだろ。 したがって、地域bの天気に関する情報をAさんが獲得する例を利用して習知を図示すれば、つぎのようになるでしょう: ここで利用したモデルは、認識論理(epistemic logic)のセマンティックアプローチで有名なクリプキモデルS5と同等なモデルです。

の 事実 周知

例えば、「社内に新しいシステムが導入されたため、従業員への周知を図ったが、やはり慣れるまで時間がかかるようだ」などの使い方をします。 「周知徹底する・させる」 「周知徹底する・させる」の場合は、「周知する・させる」を強調した表現になります。

15
の 事実 周知

また、 「関知」は「あることに関係している上、そのことについて知っていること」を表し、 その知っていることに「関係している」という点で「既知」とは異なると考えられるでしょう。 特に、「異常・危険」などのケースを通して、「周知徹底する・させる」は使われることが多いので、 絶対にお知らせすべきことがある場合に活用できます。 これらの規則をグループに所属する全員にきちんと知らせるという意味です。

の 事実 周知

またそれほど知れ渡っていない場合でも 「周知の事実」だという事で、社会的に知られている事を強くアピールする事ができます。 広く知れ渡っている事実は 「一般常識」と言っても過言ではないでしょう。

18