あと 少し もう少し 感想 文。 『あと少し、もう少し』(瀬尾まいこ)は吉祥女子中、品川女子学院中、鎌倉学園中他で出題されました!国語の入試問題の内容、あらすじを紹介します!

もう少し 文 少し あと 感想

「頼む」 そう言おうとしたけど、もう声を発する力すら残っていなかった。 快調に飛ばしていようが、苦しんでいようが、自分の区間を走るのは自分だけだ。 私はこの小説が瀬尾まいこさんの作品の中でどんな気持ちの時でもベスト3に入るくらい好きです。

2
もう少し 文 少し あと 感想

「あと少し、もう少し」も読み終えて感じた。 中学教師らしくないところが彼女の魅力です。 「日向」という名前そのままに、周りを優しく温かく照らせる人になれ、という 両親の願いに縛られ、トラウマと貧血を抱えながら、それでも爽やかに振舞う桝井。

もう少し 文 少し あと 感想

3年生になってから記録のなかなか伸びない桝井を支え、渡部を駅伝メンバーに勧誘する際には力となった。

もう少し 文 少し あと 感想

届かない想いを抱えている1年生の俊介。 自分自身が辛いときでさえ、それを隠し、表に出そうとしない桝井くんに、上原先生はちゃんと気づいていました。

3
もう少し 文 少し あと 感想

そして最後の桝井の激走にも…! 桝井はなんでもこなせる、向かうところ敵なしの生徒かと思いきや、一番重い重りを抱えて走っていたんですね。

もう少し 文 少し あと 感想

」 つい最近まで中学校の教壇に立たれていた瀬尾さんが どれだけ中学生たちを眩しく温かく見つめていたか、 中学生というかけがえのない時期を輝かせようと、どんなに心を傾けていたかが 仲間に襷をつなごうと走る、中学生たちの頭の中に響き渡る言葉に滲み出ていて 何度もぽろぽろ泣いてしまった。 あの時、あの瞬間に父親が見たかったもの。 「あと少し、もう少し」と中学生が持っている可能性を広げていった。

もう少し 文 少し あと 感想

吹奏楽をやっていながら、体は陸上向きだった。 市野中学陸上部をこれまで率いていた体育教師の満田先生の異動に伴い、今年から陸上部の顧問となる。

10
もう少し 文 少し あと 感想

2016年度第2回吉祥女子中学校の国語の入試問題で、「6区ー11,12」 2016年度鎌倉学園中学校2次の国語の入試問題で、「2区ー7,8」から出題されました。

18