監督 指針。 法令・指針等:金融庁

指針 監督

IV -3-2 販売用等自動車保険契約• III -3-9-1 意義• II -3-2-5 預金・リスク商品等の販売・説明態勢• IV -1-18 保険法対応• IV -1-12 保険約款の規定による貸付に関する事項• また、単に「監督指針」だけの出題ではなく、いわゆる「所見問題」としての時事ネタとしても当該改正の視点・論点が役立ちますので、論述対策としても改正点をしっかりと押さえておくことは極めて重要です。 III -4-3 預金等の取扱い• Q&A• III -3-2-4-2 ディスクロージャー誌の記載項目について(施行規則第19条の2及び第19条の3関係)• また、当該事項から逸脱した方法や姿勢による運転をしたこと及び 日常点検を怠ったことに起因する交通事故の事例、当該交通事故を引き起こした貨物自動車運送事業者及び運転者に対する処分並びに当該交通事故が加害者、被害者その他の関係者に与える心理的影響を説明すること等により 当該事項を遵守することの重要性を理解させる。 V -5-6 保険契約の募集上の留意点• VIII -3-1-4 管轄財務局長権限の一部の管轄財務事務所長等への内部委任• II -3-2-2 顧客の誤認防止等• II -3-3 法令適用事前確認手続(ノーアクションレター制度)• V -3-3-6 銀行とその証券子会社等の関係• III -3-3-2 預金・リスク商品等の販売・説明態勢• )、制動距離等を確認させるとともに、これらが車両により異なること及び運搬中の貨物が事業用自動車の運転に与える影響を理解させる。

17
指針 監督

III -4-11 銀行持株会社• III -2-1-1-1 意義• III -2-3-2-3-2 主な着眼点• II -4-5 顧客等に関する情報管理態勢• 10 交通事故に関わる運転者の生理的及び心理的要因並びにこれらへの対処方法 長時間連続運転等による過労、睡眠不足、医薬品等の服用に伴い誘発される 眠気、 飲酒が身体に与える影響等の生理的要因及び慣れ、自らの運転技能への過信による集中力の欠如等の心理的要因が交通事故を引き起こすおそれがあることを事例を説明することにより理解させるとともに、貨物自動車運送事業輸送安全規則第三条第四項の規定に基づき事業用自動車の運転者の勤務時間及び乗務時間に係る基準を定める告示(平成13年国土交通省告示第1365号)に基づく 事業用自動車の運転者の勤務時間及び乗務時間を理解させる。

15
指針 監督

指導項目 追加された内容 時 間 事故惹起運転者に対する特別な指導の内容及び時間 ・貸切バスの運転者では、 「運行指示書の遵守」を徹底。 III -2-1-3-4 命令区分の根拠となる自己資本比率又はレバレッジ比率• VIII -4-2-1 銀行代理業者の禁止行為、不適切な取引等• III -3-10-2 主な着眼点• III -2-3-2-6 信用リスク管理に係る監督手法・対応• III -5-2 面談等を行う際の留意点•。 VIII -3-2-1-2 許可申請書の受理に当たっての留意事項• 本文( )• III -3-7-3-3 監督手法・対応• III -3-3-4 外部委託• 保険会社向けの総合的な監督指針 令和2年12月• このように、日常生活で用いる言葉(分別管理など)を組み合わせることで、保険特有の専門用語が作られている場合、そこからの出題可能性も高いと考えられます。

17
指針 監督

III -3-7-2 ATMシステムのセキュリティ対策• VIII -3-2-3 その他• VIII -3-1-6 監督指針の準用• 投資信託に関するQ&A• III -3-10-3 監督手法・対応• 情報伝達・取引推奨規制に関するQ&A• V -4-1 他の保険募集人との関係• そのかわり、欠席者などについては、いつフォローしたのか…について、かならず記載しなければいけないことになっています。

8
指針 監督

III -1-5 預金保険機構が行う検査との連携• III -3-2-2 財務報告に係る内部統制• III -2-3-4-4-2-3 監督手法・対応• II -3-5 インターネットバンキング• II -2-3 持続可能な収益性と将来にわたる健全性• また、参加者には、直筆のサインもしくは押印をしてもらう必要があります。 IV -5-4 過去の損害率等による割増引の適用• III -2-5 契約条件の変更• III -5-1 基本的考え方• 実際、今回の改正については、 をご覧いただければ豊富な資料が公開されていますので、大いに活用したいですね。

14
指針 監督

III -3-1-2 役員による法令等違反行為への対応• III -2-3-2-2 大口与信管理• III -3-5-3-2-2 主な着眼点• III -3-7-1-3 監督手法・対応• II -5-2 企業の社会的責任(CSR についての情報開示等• III -3-8-1 意義• III -10-1 意義• III -2-1-3-5 計画の進捗状況の報告等• 2.新旧対比表の作成 監督指針や実務基準等からの出題では、当然、改正点からの出題可能性が高く、かつ、どのような理由・背景等で改正されたのかも把握しておけば試験対策として有効でしょう。 VIII -4-2-7-1 名義貸しの禁止• III -2-1-3-6 「区分等を定める命令」第2条第2項に掲げる資産の評価基準• II -1-3 監督手法・対応• III -3-1-3-1-3 監督手法・対応• III -3-1-4-2 主な着眼点• II -3-5 預金等に対する当局への照会等への対応• III -1-2 検査・監督事務の具体的手法• III -11-6 損失吸収力等の充実• III -8-2 平時における対応• III -2-2 収益性の改善• 点呼時やドライバーミーティングなどの短い時間でも、運転者に危険や安全運転ポイントを指導することができます。 III -11-3-2 主な着眼点• 投資信託委託業者及び投資法人等並びに証券投資顧問業者等の監督等にあたっての留意事項について (平成19年9月30日廃止)• 是非、PDFファイル等における「検索機能」をフル活用しながら、「自己責任(原則)」や「健全性」といった用語を含めて、自作の「穴埋め問題」を作成されると良いでしょう。

6
指針 監督

VIII -3-1-3 監督部局間の連携• III -9-3 監督手法・対応• II -2-2 統合的なリスク管理等• I -1-1 貸金業の監督の目的 I -1-2 貸金業監督の基本的枠組み I -1-3 貸金業監督部局の基本的役割 I -1-4 貸金業者の監督に当たっての基本的考え方• 安全研修の議事録だけでなく、資料も保存しておいたほうがいいです。 また、運搬中に危険物が飛散又は漏えいした場合に安全を確保するためにとるべき方法を指導し、習得させる。 II -5-1 行政処分(不利益処分)に関する基本的な事務の流れについて• II -2-5 市場リスク• III -5-1 行政処分の基準 III -5-2 行政手続法等との関係等 III -5-3 意見交換制度 III -5-4 営業所等の所在の確知 III -5-5 不利益処分の公表に関する考え方 III -5-6 登録取消し処分に係る聴聞の通知後、当該処分に係る決定までの間に廃業等の届出 があった場合等の連絡 III -5-7 行政処分の連絡• V -2-2 保証金の取戻し• III -11-3-3 監督手法・対応• この場合において、タンクローリにより危険物を運搬する場合にあっては、これを安全に運搬するために留意すべき事項を理解させる。

9
指針 監督

III -2-3-4-4-2-2 留意事項• II -3-4-1 システムリスク• II -3-10 再保険に関するリスク管理• VII -3-7 グループベースの資産運用リスク管理• Sponsored link. II -5-3 報酬体系• III -5-2 主な着眼点• VIII -3-2-2-2 業務遂行能力に関する審査• III -6-2 将来の成長可能性を重視した融資等に向けた取組み• IV -1-1 普通保険約款及び特約の記載事項について• III -3-5-3-1-2 主な着眼点• VIII -3-4-3-1 承認の場合の取扱い• III -6-2-3 監督手法・対応• III -3-2-4-3 リスク管理債権額の開示• III -11-4-2 主な着眼点及び監督手法・対応• III -9-1 意義• III -3-3-3-2 主な着眼点• III -3-1-6-1 履行保証• III -3-2-4-6 報酬体系の開示(施行規則第19条の2第1項第6号、第19条の3第4号及び第34条の26第1項第5号関係)• III -4-1 基本的役割• V -5-2 主な着眼点• III -2-7 標準責任準備金を積み立てない場合の取扱い• III -8-3-1 総論• II -4-1 行政指導等を行う際の留意点• III -3-4-2-1 意義• IV -4-1 基礎率変更権の設定について• III -2-1-2-2 留意事項• III -6-1 行政処分(不利益処分)に関する基本的な事務の流れについて• III -3-3-2-2 主な着眼点• III -3-5-3-2 指定ADR機関が存在しない場合• III -2-1 自己資本の充実• VIII -5-2 主な着眼点• III -3-2-4-5 自己資本の充実の状況等の開示(施行規則第19条の2第1項第5号ニ、第19条の3第1項第3号ハ、第19条の5、第34条の26第1項第4号ハ、及び第34条の27の2関係)• III -6-2-2 成長可能性を重視した融資等の取組みに係る基本的考え方• VIII -3-2-1 許可申請に当たっての留意点• III -11-2-2 着眼点と監督手法・対応• III -11-5-1 意義• III -3-4-2 プライベートバンキング等の留意点等• ちなみに、当時、教育しなければいけない項目は、全部で11種類ありました。 2.12項目の内容とは? 指導監督指針の12項目(1)~(12)を見ると、堅苦しい表現もあって、どのような教育をすればいいのかわかりにくいですよね。

13