レンコン 栄養。 「れんこん(蓮根,レンコン)」の栄養素・栄養成分・栄養価・効果・効能

栄養 レンコン

食事の際には不溶性食物繊維だけでなく、水溶性食物繊維もバランス良く取ることで、お通じ改善にはより大きな効果を発揮します。

9
栄養 レンコン

抗酸化作用や 脂肪の蓄積を抑制する働きがあるため、生活習慣病や糖尿病などの予防、他にもダイエットにも効果が期待できます! ごぼうにもクロロゲン酸は含まれているので、皮を捨ててしまうのはもったないです! レンコンのムチン、タンニン、クロロゲン酸がより効果を高めてくれるので、皮は一緒に食べちゃいましょう^^ レンコンのおすすめの食べ方はこれ! レンコンの皮を剥くのは「見た目が良くないから」という理由が多かったのですが、含まれている栄養成分を見ると皮こそ食べてほしい部分です。 レンコンは、抗体のひとつ 「IgE抗体」が作られるのを抑制します。

栄養 レンコン

仏教の象徴とされているも泥水の中から美しい花を咲かすためと言われていますが、蓮が花と実を同時に付ける性質も仏教の「華果同時」という教えと一致しているのだそう。 毎年年末近くになるとレンコンの生産地では収穫の様子がテレビや新聞で報じられていますね。 調理直前に切れば、水にさらす必要はないと思います。

栄養 レンコン

タンニンの抗炎症作用 これらの働きに、大腸がんの予防の可能性があると期待されているんです。

14
栄養 レンコン

レンコンは、はすの地下茎なので収穫には困難を伴います。 そんなタンニンの効能は、 ・止血作用がある ・消炎作用がある ・胃炎や胃潰瘍の予防 ・十二指腸潰瘍などの症状の緩和 などがあります。

17
栄養 レンコン

天気が悪い日は電子レンジで加熱を繰り返して水分を飛ばしてもOKです。 滋養強壮効果 があり、虚弱体質の人にもおすすめの食材です。 他にもビタミンCは、鉄分の吸収率を高めることで貧血予防にも効果的です。

栄養 レンコン

すりおろすと、トロッとした食感になり、料理のとろみづけにもなります。

7
栄養 レンコン

ちなみに 昔はこの穴を「先を見通す 未来 」ことに通じる縁起物と考えていたことから、お正月やお祝いの料理に使われるようになったのだとか。 粘りが強く、すりおろしてハス蒸し煮に適しているそうです。