フルーツ バスケット その後。 フルーツバスケットの登場人物

バスケット その後 フルーツ

シリーズ構成 -• (C)高屋奈月 「はい、もちろん」 ……私の人生は、私が創る。 漫画『フルーツバスケット』1巻の面白さをネタバレ紹介! とある理由によりテント暮らしを余儀なくされた女子高生・本田透(ほんだ とおる)が選んだ場所は、草摩由希(そうま ゆき)と、その従兄・紫呉(しぐれ)の家の近くでした。

12
バスケット その後 フルーツ

頼み込んで居させてもらえる事になったものの、夜中の嵐でテントが倒壊。

10
バスケット その後 フルーツ

紅野と再会後は互いの想いを伝えて、高校卒業後は仕事をしながら頻繁に連絡を取り合うなど順調に交際中。

バスケット その後 フルーツ

このことは草摩家のトップシークレットであり十二支の中でも一部の者しか知らない。 (リンゴ、メロン、イチゴなどフルーツに決まりはありません) 2. 呪いを解こうと透に決意させた、透の大切な人とは一体どちらなのか、最後まで目が離せません! 『フルーツバスケット』の見どころを1巻ずつ紹介したの記事もおすすめです。

16
バスケット その後 フルーツ

草摩 紫呉 そうま しぐれ キーパーソンの一人。

16
バスケット その後 フルーツ

フルーツバスケットは、ルールに慣れるまで難しく感じる子どももいるかもしれません。 物語中盤、その懺悔にも似た想いを夾に告げ、彼への恋心に決着をつける。 草摩綾女:• 真鍋翔と中尾小牧の娘で、中学生の弟・輝(こう)がいる。

20