かく て 自由 は 死 せり ある 新聞 と 戦争 へ の 道。 福沢諭吉 学問のすすめ

新聞 道 と へ ある 死 て 戦争 せり は の 自由 かく

今その規定の詳細に至っては、私はここにこれを説くの必要を認めぬが、ただそのだいたいの精神を伝えることは、この物語を進める上にすこぶる便利だと考える。

10
新聞 道 と へ ある 死 て 戦争 せり は の 自由 かく

231 戦争はいつまで続くにや。

19
新聞 道 と へ ある 死 て 戦争 せり は の 自由 かく

譬 ( たと )えば今、日本にて平民に苗字・乗馬を許し、裁判所の風も改まりて、表向きはまず士族と同等のようなれども、その習慣にわかに変ぜず、平民の根性は依然として 旧 ( もと )の平民に異ならず、言語も 賤 ( いや )しく応接も賤しく、目上の人に逢えば一言半句の理屈を述ぶること能わず、立てと言えば立ち、舞えと言えば舞い、その柔順なること家に飼いたる痩せ犬のごとし。

20
新聞 道 と へ ある 死 て 戦争 せり は の 自由 かく

かきやりしその黒髪のすぢごとにうち臥すほどは面影ぞたつ (新古1390) 【通釈】独り横になる折には、あの人の面影が鮮やかに立ち現われる。 くちびるをつけしグラスのわが水を飲めば心を読めると君は わが水を飲みて心が読めたりと君は自負するわれは訝る そんなこと思ってたのかと云われてもどんなことかは思い至らず おぎろなき蒼穹のした君と待つキューバのタクシー時を数えず 月さえてハバナはよかれ下町に踊るサラサの群れに酔いつつ 相聞歌と思われそうだけれど、フランスでは本当に「人が飲みかけの水を飲むと心が読める」と言う。

11
新聞 道 と へ ある 死 て 戦争 せり は の 自由 かく

それは刊行続編の第八章「心地死ぬ べく踉蹌として近 チカヅ き見れば」の一齣で、訂されたのは踉蹌二字の配置なのであった。

新聞 道 と へ ある 死 て 戦争 せり は の 自由 かく

旅順を簡単に攻略できたものの、大きな問題が生じた。 「二十年ばかり前、私が十歳くらゐの時には、夜帰りに芝居茶屋で、客に提灯をくれる風があった。 智恵子はそれをぱらぱら投げる。

8
新聞 道 と へ ある 死 て 戦争 せり は の 自由 かく

27日、出発を延期していた混成旅団の後続部隊が8隻の輸送船をつらねて仁川にはいり、翌日上陸した。 【職員名簿】(『内閣情報部要覧 昭和十二年九月二十五日』による) 部長 横溝光暉 書記官 川面隆三 喜多長雄 西村直己 利光洋一 森 厳夫 (兼)内閣印刷局書記官 上条 勇 (兼)内閣紀元二千六百年祝典事務局書記官 兼内務事務官 武若時一郎 情報官 (内閣情報部書記官) 川面隆三 喜多長雄 西村直己 利光洋一 森 厳夫 (常勤) 企画院調査官 尾之上弘信 外務事務官兼外務書記官 太田三郎 内務事務官 小貫 弘 大蔵事務官侯爵 伊達宗彰 陸軍砲兵中佐 清水盛明 陸軍歩兵大尉 多田督知 海軍少佐 佐藤豊三郎 司法事務官 柳川真文 文部省社会教育官兼教学局教学官 原 元助 逓信省事務官 山岸重孝 鉄道省事務官兼国際観光局事務官 津田弘孝 委員 内閣書記官 稲田周一 内閣印刷局長 土星耕二 内閣紀元二千六百年祝典事務局長 歌田千勝 法制局参事官 樋貝詮三 企画院次長 青木一男 対満事務局次長 原 邦道 外務次官 堀内謙介 外務省情報部長 河相達夫 外務書記官 田代重徳 外務書記官 市河彦太郎 外務書記官 矢野征記 内務次官 広瀬久忠 内務省地方局長 坂 千秋 内務省警保局長 安倍源基 内務書記官 清水重夫 内務書記 加藤於丸 内務書記官 大坪保雄 内務事務官 富田健治 大蔵次官 石渡荘太郎 陸軍次官 梅津美治郎 陸軍少将 町尻量基 陸軍歩兵大佐 原 守 海軍次官 山本五十六 海軍少将 野田 清 海軍大佐 保科善四郎 司法次官 長島 毅 文部次官 伊東延吉 文部省社会教育局長 田中重之 文部書記官 清水芳一 文部省体育官 岩原 拓 文部省教学局部長 阿原謙蔵 文部省教学局書記官 田中義男 農林次官 井野碩哉 商工次官 村瀬直養 商工省商務局長 新倉利広 商工書記官 豊田雅孝 逓信次官 平沢 要 逓信省電務局長 藤川 靖 逓信書記官 立花 章 逓信書記官 宮本吉夫 鉄道次官 喜安健次郎 鉄道省国際観光局長 田 誠 鉄道省国際観光局書記官 高田 寛 拓務次官 萩原彦三 警視総監 斎藤 樹 情報官 外務書記官子爵 本野盛一 外務事務官 山田芳太郎 内務書記官 内藤寛一 大蔵書記官 入江 昂 陸軍歩兵大佐 雨宮 巽 陸軍歩兵大佐 河村参郎 陸軍砲兵中佐 唐川安夫 陸軍歩兵中佐 高島辰彦 陸軍歩兵大尉 竹田光次 海軍大佐 山崎重暉 海軍中佐 山本善雄 海軍中佐 柳沢蔵之助 海軍少佐 大前敏一 海軍少佐 扇 一登 司法書記官 船津 宏 文部書記官 朝比奈策太郎 農林書記官 湯河 元威 商工書記官 菱沼 勇 逓信書記官 安田丈助 鉄道書記官 平川 孝 拓務書記官 赤木親之 警視庁官房主事 村田五郎 大阪府書記官 長谷川透 参与 小林一三 従四位勲二等 藤沼庄平 正四位勲三等 片岡直道 従四位勲三等 芦田 均 勲四等 増田義一 緒方竹虎 大谷竹次郎 高石真五郎 野間清治 古野伊之助 内閣情報部事務分掌 情報官事務分担表(昭和一二・一〇・一四現在) 情報官名 事務連絡 担当庁 分担事務 川面 各庁 一般事務総括、庶務会計一般 喜多 各庁 会議事務主宰、団体関係庶務総括、時局対処諸方策、雑誌関係 西村 各庁 国民精神総動員関係事務、地方情報委員会事務、情報量伝政策の研究調査 手光 各庁 時局対処方策(特に農林行政に付き)、情報宣伝政策の研究調査 森 各庁 会議事務、同報情報の編集、情報宣伝政策の研究 尾之上 各庁 同盟関係事務総務事務補佐、新聞査閲 太田 外務省 時局対処方策(特に外交に付き)、東京ガゼット編輯、映画政策 小貫 内務省 国民精神総動員関係庶務総括、週報関係時局対処方策(特に内務行政に付き)、新聞査閲 伊達 大蔵省 時局対処方策(特に大蔵行政に付き)、国民精神総動員関係 清水 陸軍省 時局対処諸方策、時局宣伝関係庶務総括、国民精神総動員関係 多田 同 同右補佐、思想戦に対する研究調査、国防に関する基本的研究調査 竹田 同 陸軍関係庶務、陸軍関係の情報蒐集整理、その他全般の補佐 光延 海軍省 時局対処諸方策、国民精神総動員関係、国民教化宣伝庶務総括 佐藤 同 同右補佐、思想戦に対する研究調査 山岸 逓 信 省 時局対処方策(特に逓信行政に付き )、週報関係 柳川 司法省 時局対処方策(特に司法行政に付き)、情報宣伝法務関係研究 原 文 部 省 時局対処方策(特に文部行政に付き)、国民精神総動員関係 商 工 省 時局対処方策(特に商工行政に付き)、国民精神総動員関係 津 田 鉄 道 省 時局対処方策(特に鉄道行政に付き)、紀元二千六百年宣伝関係 拓 務 省 時局対処方策(特に拓務行政に付き)、外地 上条 宣伝出版の技術の調査研究、週報印刷普及関係 武若 紀元二千六百年関係 事務室事務分担表 (一)昭和一二・一〇・一四現在 所掌事務 庶務班 事務室統括、人事処理、庶務一般、会議事務、回報電話事務、その他 文書収受、発送、回付、会計、自動車管理、用度、庁内取締り 調査班 地方情報委員会関係事務、各種情報整理、時局及事変宣伝資料事務 国民精神総動員、国民教化運動、紀元二千六百年に関する事項、図書管理 整理班 情報電報処理、新聞及通信整理、印刷処理 編輯班 週報編輯事務、各種宣伝資料編輯、翻訳、情報政策調査、各種宣伝資料編輯 (二)昭和一三・四・八現在 係別 所管事務 (第一事務室) 主任 庶務係 川面書記官 部内事務の連絡統制、人事、予算、会計、用度、庁内取締 (第二事務室) 主任 情報係 西村書記官 各庁情報の処理、情報電報の処理、新聞通信の整理 情報の印刷、配布、回報電話事務 (第二事務室) 主任 調査係 利光書記官 調査資料整理事務 各種宣伝方策(時局対処、国民教化、国民精神総動員、紀元二千六百年)事務、各種図書出版物の整理、地方情報委員会事務 (第三事務室) 主任 宣伝係 尾之上情報官 週報編輯 写真宣伝、写真週報編輯 宣伝冊子事務 各種宣伝実施 宣伝係の事務、連絡統制 主任 西村書記官 主任 森書記官 主任 森書記官 主任 尾之上情報官 主任 尾之上情報官 (三) 昭和一三・七・一〇現在 情報官事務分担表 (昭一三・七・一〇現在) 内閣情報部事務分掌規程(昭一四・六・二一) 第一条 内閣情報部を左の組織に分ち事務を分掌せしむ 情報官室 第一課 (総務課) 第二課 (文化課) 第三課 (精動課) 第二条 情報官室は左の事務を掌理す 一、政府の声明に関する事項 二、内外の情勢判断に関する事項 三、内外宣伝方策の企画に一関する事項 四、報道政策に関する事項 五、情報、報道及び啓発宣伝に関する各庁間の連絡調整に関する事項 第三条 第一課(総務課) は左の事務を掌理す 一、情報部事務の統括に関する事項 二、人事に関する事項 三、文書の接受発送に関する事項 四、予算及び会計に関する事項 五、政府の声明等の起草に関する事項 六、内外情勢判断資料、宣伝方策資料の総合整備に関する事項 七、新開発表に関する事項 八、報道政策の実施及び調査に関する事項 九、同盟通信社に関する事項 十、新聞、通信、放送、映画、演劇、写真、その他文化統制の方策の樹立に関する事項 十一、各省連合時局問題研究会及び地方時局懇談会、その他講演事務に関する事項 第四条 第二課(文化課)は左の事務を掌理す 一、防共思想戦に関する事項 二、思想戦に関する諸調査に関する事項 三、思想戦講習会に関する事項 四、出版物、放送、映画、演劇、音楽、写真、展覧会等に関する諸調査、並にこれらを通じての啓発宣伝の指導及び実施に関する事項 五、週報、写真週報、東京ガゼットその他定期及び不定期刊行物の編輯に関する事項 六、その他啓発宣伝実施に関する事項 第五条 第三課(精動課)は左の事務を掌理す 一、国民精神総動員の企画に関する事項 二、国民精神総動員委員会の庶務に関する事項 三、国民精神総動員中央連盟に関する事項 四、国民精神総動員に関する各庁及び各種団体との連絡に関する事項 五、国民精神総動員の実績査覈(註=調べ考察)に関する事項 六、内外国民運動の調査に関する事項 七、その他国民精神総動員に関する事項 内閣情報部分課規程(昭和十五年六月一日施行) 第一条 内閣情報部に左の四課を置く 第一課 第二課 第三課 第四課 第二条 第一課に於ては左の事務を掌る 一、文書及び人事、会計に関する事項 二、事務の企画、連絡に関する事項 三、国民精神総動員に関する事項 四、他課の主管に属せざる事項 第三条 第二課に於ては左の事務を掌る 一、内外報道に関する各庁事務の連絡調整に関する事項 二、各庁に属せざる報道事務に関する事項 三、新聞雑誌用紙統制委員会に関する事項 第四条 第三課に於ては左の事務を掌る 一、国策遂行の基礎たる情報に関する各庁事務の連絡調整に関する事項 二、各庁に属せざる情報蒐集の実施に関する事項 第五条 第四課に於ては左の事務を掌る 一、啓発宣伝に関する各庁事務の連絡調整に関する事項 二、各庁に属せざる啓発宣伝の実施に関する事項 三、週報ならびに写真週報編輯に関する事項 極秘 支那事変に対する宣伝方策大綱 計甲一八号 四次 /昭和一三・一・十七 内閣情報部 一、一般方針 一、本事変に際し帝国の庶幾する所は、飴く迄支那に於ける抗日勢力及赤化勢力を芟除し、日支の真の互助提携を齎らしむることにより東亜永遠の平和を確立せんとするに在ることを、凡ゆる機会に於て内外に閘明す。

11
新聞 道 と へ ある 死 て 戦争 せり は の 自由 かく

木村さんは私の鏡花物のうち、特にこれと「風流線」とを好まれたようである。 されど暴論暴行も或程度に止め置くこと必要なり。 その秋には、現代少女がハンモックに眠る「紫陽花」と、潯陽江頭、夜客を送る、と云う「琵琶行」 とを出品した。