犯人 は ヤス うみねこ。 うみねこのなく頃にの登場人物

は ヤス うみねこ 犯人

「黄金の剣」を用いることで、赤と青の二つの真実を使用でき、さらには赤で証明できないことも証明できるゲームマスターの特権である「黄金の真実」を使う。 正体は、ヤスが最初に想像して作り出した「ベアトリーチェ」のイメージ。 八城幾子がペットとして飼っている「ベルン」という名の黒猫に変身することが可能。

3
は ヤス うみねこ 犯人

真里亞はこの神父に聞いた「聖母マリアの処女懐妊の物語」に衝撃を受け、自分に父がないことと名前の一致から、自身を「選ばれた神の子」と認識するようになる。 なお、蔵臼からは友人のように接されているが、夏妃からは冷たくされている。 外見は優雅な洋風の貴婦人を思わせ、丁寧な口調で話す。

1
は ヤス うみねこ 犯人

一人称は「われ」。 温和かつ礼儀正しい性格であり、非の打ちどころのない好青年。

は ヤス うみねこ 犯人

中には待てば成功を容易に収められるような事業もあったが、生来の気の弱さと自分の能力を信頼しきれない点から事業の早期撤退をする癖が災いして、悉くチャンスを逃している。

3
は ヤス うみねこ 犯人

事件での寄り代は、ヤスの作り上げた幻想キャラクター。 ベアトリーチェ(妹) 声:大原さやか 魔術師となったバトラにより再構築されたベアトリーチェ。

14
は ヤス うみねこ 犯人

内へ内へと向かう右代宮の遺伝子。 自信に溢れただが、ドライで行動力のある打算的な性格。

は ヤス うみねこ 犯人

しかしこういうオチだからこそ僕は「」を支持するし、 未読の人々には一度読んでみてほしいと思っている。 礼節を弁えない朱志香やウィラードの尻をよく抓っている。

1