ミッド サマー 考察。 アナタの狂気も明るみに…映画『ミッドサマー』ネタバレ感想&あらすじ

考察 ミッド サマー

ネタバレを見る クリスチャンはホルガで村の若い娘に見初められ、彼女と儀式のような性交をすることになります。 しかし「ミッドサマー」は少し違った。 Ari Asterに似ている。

考察 ミッド サマー

この絵は ヨン・パウエル Johon Bauer の「哀れなクマさん Poor Little Bear 」という作品です。 集団の中ではこの行為はポジティブに捉えられている。

考察 ミッド サマー

そして、最後の生贄としてクリスチャンを選び、彼女は自分がしがみついていた人生と決別しました。 アスター監督、こんな僅かなセリフにも伏線を張る人でしたワ。 見事な連携プレーである。

考察 ミッド サマー

むしろなぜ殺されないの?という話なわけで。 しかしクリスチャンは、まだ他の女性に興味もあるしダニーの愛も重すぎるので破局寸前です。 あまりの惨さに吐き気を催すでしょう。

11
考察 ミッド サマー

アリ・アスターと並ぶ現代ホラーの騎手 ジョーダン・ピールは「ミッドサマー」を大絶賛している。

考察 ミッド サマー

ずっと寂しい思いをしていたんだね ダニは儀式の中で 「5月の女王(May Queen)」に選ばれ、 村人たちから大きな祝福を受けます。

20
考察 ミッド サマー

自分を重ねているのかもしれない。

12