アガサ ハークネス。 【ワンダヴィジョン】登場人物キャスト・日本語吹き替え声優まとめ|これを読まずに語れない予習復習

ハークネス アガサ

大きくなろうとする双子をワンダが止めていたので、アグネスは スパーキーを殺せば双子はさらに成長すると考えたのかもしれません。 3, 51 2002年4月• 3, 4 1998年5月• モニカは再度の侵入だったためか、「ヘックス」の壁の中で洗脳を受けずにウエストビューへの侵入に成功しますが、「存在の変換」自体は行われた結果、モニカの目は青く光り、視界には電磁波が視覚情報として見えるようになります。 このことからアグネスは ワンダとヴィジョンの間に子供が生まれるように誘導していたと考えられます。

19
ハークネス アガサ

アガサ・ハークネスであることを明かす。

18
ハークネス アガサ

一時はウルトロンによってソコヴィアの首都が浮上した事実に落胆するが、クリントの励ましで持ち直して勇躍。

19
ハークネス アガサ

ヘックスの起源• キャラクターは2000年代後半にストーリーライン「」、リミテッドシリーズ『』、『アベンジャーズ: チルドレンズ・クルセイド』で重要な役割を果たした。

2
ハークネス アガサ

アベンジャーズ復帰後の彼女は長年にわたってチームメイトのとの恋愛関係が描かれていた。 先だっての「ヘックス」への侵入やドローンでのミサイル攻撃、そしてピエトロの出現をモニカの仕業と考えるワンダはモニカを敵とみなし、サイコキネシスによって彼女を攻撃。

5
ハークネス アガサ

ライターの ()は「いくらかの恋愛要素は『アベンジャーズ』でキャラクターを育てるのに役立つと思い、その雑誌にのみ登場するビジョン、そしてワンダは最有力だった。

ハークネス アガサ

323: "Writer Brian Michael Bendis would turn the Avengers' world on its end with this shocking new crossover event drawn by artist David Finch. (ここでは多少のネタバレがありますのでご注意ください。

12
ハークネス アガサ

舞台上と客席とは本来別の世界であり越えることはないのですが、時々演出としてそれを越える人物が現れたりします(子供番組などではテレビの前の子供達に話しかけるシーンを多用したりしますよね)• 第2話では、『奥様は魔女』風のアニメーションOPの中に、アガサ・ハークネスが関係しているようなシーンもあります。 しかし「ヘックス」の拡大以降、「ヘックス」の内部では事物がワンダの意思とは関係なく別の事物に変換されてしまうことが多発し、非常に不安定な状況となっていました。 実は原作コミックスには「ヘックスパワー」という言葉がワンダに関係する言葉としてあります。

15