法隆寺 仏像。 【国宝仏像】救世観音【法隆寺夢殿】の解説と写真

仏像 法隆寺

大橋一章は、前述の大西修也説を踏まえた上で、再建資金集めに苦慮していた法隆寺は「日本仏教の祖である聖徳太子信仰の寺」として再出発することで生き残りを図ったとする。

5
仏像 法隆寺

なお、「西の間」の阿弥陀三尊像は、光背銘によれば、もとの像が平安時代末期に盗難に遭った後、貞永元年(1232年)に制作されたものである。 台座は八角の裳懸座で、大部分当初のものである。

仏像 法隆寺

フェノロサの専攻は美術ではなかったが、来日前から東洋美術に対する造詣は深く、自らも狩野派の日本画を学ぶなど強い関心を寄せていた。

1
仏像 法隆寺

5センチ。

4
仏像 法隆寺

各像はクスノキ材の一木造で、光背、台座もクスノキ材製である。 像高は中尊87. これら4面の扉の裏面には各1体の菩薩像を描くが、これらは左側面、右側面ともに観音菩薩・勢至菩薩の一対をなす。 不動像の台座と火焔光背は明和2年(1765年)の補作。

仏像 法隆寺

東壇同三尺釈迦三尊〔ママ〕• 一説によりますと、この像を彫った仏師はこの像が完成してまもなく原因不明の死を遂げ、また鎌倉時代には像を模刻しようとした仏師がやはり同じように亡くなったという話もあり. 釈迦三尊像については、像、銘文ともに推古朝の作と認めるのが一般的である。 太子の病が治り、長生きすることを望み、もしこれが運命であって太子のこの世での寿命が尽きるのであれば、に往生されることを望んだ。 こうした作風や技法の面に加え、光背裏面の銘文にも推古朝の作文とは考えがたい部分がある。

17