公 文書 書き方。 文化庁

書き方 公 文書

26-27。 1960年9月1日 富山県 、奈良県• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• )、この提案を日本の民主化の為に国語改革が必要だとして日本語表記のローマ字化まで視野に入れていた が支持したことによって政府は方針転換し、をはじめとする法令を口語化していくことになった。 ただし、・・・を除きます。

20
書き方 公 文書

明示的な形では廃止もされていず、(読み替え版によって除去された部分を除いて)これと矛盾する法令などが制定されているわけでもないこと。 書いた後をこすらないですむ。

書き方 公 文書

小池民男「第4章 新聞と漢字 7 人名表記の扱い」『漢字と社会』朝倉漢字講座4、朝倉書店、2005年(平成17年)10月20日、pp. このような本体から切り分けた別表や書式を「告示」などの形で形式的に独立したものにすることもあり、その結果告示については全体が横書きになっているものもすでにいくつかある。 人名・件名の並べ方 [ ] 本通達では「第3 書き方について 」の5において、や件名の並び順はに並べるようにとされている。 「」前文(平成12年12月8日国語審議会答申)• 三省堂編修所編「横書きの場合の書き方」『新しい国語表記ハンドブック』三省堂、第5版 2005年(平成17年)2月1日、p. (昭和36年)1月1日 青森県 、秋田県 、福島県 、群馬県 、栃木県 、茨城県 、埼玉県 、埼玉県 、埼玉県 、埼玉県 、埼玉県 、 、愛知県 、愛知県 、愛知県 、愛知県長久手町(現) 、愛知県• 72-73。

12
書き方 公 文書

以上 内山鉄男他「文書左横書き実施について -実例検討会-」地方自治制度研究会編『月刊地方自治』第149号、1960年(昭和35年)5月、pp. 文部省用字用語例(昭和56年12月)• スポンサードリンク ア 文末には原則として「。

18
書き方 公 文書

しかしながら、これら二つの案は「公用文や学校教育その他でも参考にされることが多い」としてさまざまな資料に収録されていて 、案であるとの注記もなくそのまま横書き用句読点の書き方についての規則の説明の根拠にされていることもある (「句読点符号の使い方」 , p. 文化庁編『国語施策百年史』ぎょうせい、2006年(平成18年)1月20日。 公用文改善の趣旨徹底について(内閣閣甲第16号 昭和27年(1952年)4月4日、内閣官房長官から各省庁次官宛て)の別紙。 。

書き方 公 文書

376-393。 (昭和61年) 改訂版(「改訂現代仮名遣い」の制定を受けたもの)• 部分的にだけ実施されている規定• 内閣総理大臣官房総務課監修『新公用文用字用語例集』ぎょうせい、1986年8月(26版 2002年10月)。 参考文献 [ ]• ほかの通常の通達と同様に、通常のやとは異なってに掲載されることもなかったが、編集の『公用文の書き表し方の基準 資料集』 をはじめとする数多くの市販の書籍に収録され、一般に公開されている。

16
書き方 公 文書

国語審議会答申等• 799-868。 3 法令の用語用字について 法令の場合にはどう表記すべきか。 用字について、仮名は平仮名を使用する。

11
書き方 公 文書

左横書き化に対する批判 [ ] の左横書き化については、文部省などがさまざまな機会にそのメリットを強調してきた一方で、国語学者など [ ]から「横書き推進は単に日本語の古い伝統を無視したというだけではなく、日本語は縦書きを前提に発達してきた言語なので、横書きを強制することは書く側と読む側のいずれに対しても不便を強いる不合理なものではないか」といった批判もある。

4
書き方 公 文書

付録 公用文について用いるべき「送りがな」の通則と用例 第1から第3までには更に詳細な細目が付され、冒頭「特殊なことばを用いたり,かたくるしいことばを用いることをやめて,日常一般に使われているやさしいことばを用いる。 1959年(昭和34年)7月 送り仮名の付け方• 当初政府はこの提案を受け入れることに難色を示していたが(但し、もともと(現)の内部において一部に口語体化すべきではないかとの見解を持つ者もいたため、ごく非公式にではあるが口語体化が検討されていたとされている。

10