しっかり 敬語。 「しっかり」の敬語表現・しっかりの使い方と例文・別の敬語表現

敬語 しっかり

間違えやすい二重敬語 二重敬語とは、 一つの語について敬語を二重に使った語のことを言います。

19
敬語 しっかり

それぞれの敬語表現についてご紹介します。 この場合、「確認してください」という意味で使っている例が大半ですので、「添付ファイルをご確認ください」や「添付資料をご確認いただけますでしょうか」といった表現が適切です。

10
敬語 しっかり

ビジネス文書なので、もちろん「精一杯がんばります」とは書けません。 新入社員の方でまだ敬語になれていない方でも使えるシチュエーションがります。 「ご覧ください」「ご高覧ください」は、「読んでください」というのはもちろん、景色やスライドなど、「見る」もの全般について使えます。

18
敬語 しっかり

・・・ておく 通知しておく。 例えば 「お考えになる」 「ご高察なさる」 「考えておる」 「拝察する」などもありますので、こういった使い方も覚えておきましょう。

敬語 しっかり

皆様はどのように使い分けをするのでしょうか。 これは、私の推測ですが、「もしかして、今ヒマ?」というのは、「あなたのことをいつもヒマでしょうがないなんて、失礼な見方をしているわけじゃないよ。 以上ご参考までに。

2
敬語 しっかり

ご質問の様子からすると「敬語を上手に使って話したい」ということであるように思いましたので、それを前提に書きたいと思います。 敬語に変換すればいいじゃないかという話しですが、そもそも、「届く」の主語は「物」なので「物」に対して敬語を使うことはできません。

16
敬語 しっかり

下記のように修正します。

6